トップページ > 訳ありのカニについて > 通常はボイルされたの冷凍物

通常はボイルされたの冷凍物

通常はボイルされたの冷凍物

冷凍ボイルド

管理人の経験上、訳ありガニで一番多く流通しているのが、
ボイルされているものを冷凍した商品だと思います。

さらに絞るとおそらくタラバガニが一番多いかな、って感じです。

となると、おすすめの調理法は焼きガニです!

訳ありのカニはなぜボイル、冷凍されているのか

タラバガニやズワイガニなどは漁で大量に捕獲され、大量に水揚げされます。
この水揚げ時に丁寧に扱われるはずもなく、
どうしても重みで甲羅が割れてしまったり、
脚が折れたりすることがあります。

タラバガニやズワイガニのようなある程度大きくて脚が長いカニは
特に折れやすいんだと思います。

甲羅が割れたり、脚が折れたりしたカニですが、品質には問題ないので、
加工食品にするのではなく、カニ本来の味を味わえるように
訳ありガニとして見た目の良いものからするとお値打ちな値段で販売されているのです。

この時、釜茹でして急速冷凍することが、
カニ本来の味や食べごたえを保つためには適している処理方法
なのです。

ボイルして急速冷凍する以外は殻をむいたりするわけではありませんので、
コストは最低限、味は申し分なし、という具合に
自宅でカニを食べたいだけの人にとってはありがたい商品になるわけです。

焼きガニが贅沢で美味しい食べ方、だと思っています

管理人的には焼きガニが一番好きです。
手間がかからず、美味しいからです。
あと、とても贅沢な気分になります。

管理人の考えでは焼きガニとカニのステーキは別物で、
ステーキは生の身を殻を剥いた状態で焼くこと、
焼きガニは生でもボイルドでもいいですが、 殻ごともしくはビードロカットされた状態で焼くこと、
というふうに区別しています。

訳ありのカニでは多くの場合がボイルされているので
ステーキではなく焼きガニで食べるのが美味しいですね。

他にカニ鍋もあります。カニ鍋も美味しいですし、シメの雑炊も最高ですが、
カニの旨味を閉じ込めているのは焼くという調理法だと思います。
この辺はお好みですが。

参考になればいいですが、浜海道の訳ありカニを食べた様子をコチラにアップしました。
見てやってください。

殻がくせもの

焼きガニでもカニ鍋でも殻を剥かないことには食べることが出来ないので、
訳ありガニはそこが一番面倒なところです。

あと、焼きガニは特に殻が熱かったりしますからね。

殻を剥いて食べるということは殻がゴミになりますので、
それについても注意点がいくつかあります。
詳しくはコチラに書いているので参考にしてください。

ページ先頭へ戻る