トップページ > 知っておきたい豆知識 > これだけは絶対必要なモノ

これだけは絶対必要なモノ

これだけは絶対必要なモノ

カニバサミ

訳ありのカニを美味しくいただくためにこれだけは絶対に必要というモノが幾つかあります。

冷蔵庫、冷凍庫のキャパシティ。
届いてすぐ食べるという場合以外は絶対に必要で、しかも結構場所を取る可能性もあります。

カニの殻を切るためのハサミ。
安全に確実に殻を切るためにも必要ですし、できれば丈夫なものがいいと思います。

などなど、カニを食べるうえで必要なモノをまとめてみました。

カニが届く前には冷蔵庫の中を片付けてください

『カニはゴミの日の前日に食べるべし!』のトピックでも少し書きましたが、
冷蔵庫に空きスペースが必要です。

当然ですが、たくさん購入したらそれだけスペースが要ります。
姿のタラバガニを買おうものならだいぶ場所が取られます。

唯一冷蔵庫を使用しなくて済む場合は、
冷凍されたボイル済みのカニを受け取ってその2、3時間後に食べる時ぐらいかと思います。
その場合は室内で自然解凍でいいと思うのですが、
それ以外は冷蔵庫もしくは冷凍庫が必要になります。

カニバサミと軍手がないと調理できません

タラバガニの殻を切るときに必要なのがカニバサミです。
カニバサミって検索すると色々出てくるので、専用のハサミがあるはずです。

包丁でも切れるとは思いますが、タラバガニの硬い殻にはハサミの方が相性がいいです。
あと包丁は危ないので使わない方がいいと思います。

管理人は北釧水産でもらったキッチンバサミを使っていましたが、
カニの殻を切るには切れ味が足らず、またそれほど丈夫でもなかったので、苦労しました。
1,500円くらいは出して専用のハサミがあった方が絶対にいいです。

北釧水産でもらったキッチンバサミ

↑何回も使っているうちにちょっと錆びてきたりします

あとは軍手が必要です。
軍手をはめていないとタラバガニの硬くてトゲトゲがある殻を強く持つことはできません。

軍手をはめてタラバガニの殻を切る

後片付けにはゴミ袋と新聞紙が必需品です

カニの殻は新聞紙でくるんでゴミ袋に入れるのがベストです。
新聞紙を使わずに直接袋に入れてしまうと殻の尖った部分で必ずといっていいほど袋が破れてしまいます。
ですから新聞紙は多めに用意しておいてください。

あとゴミ袋ですが、管理人的はペット用のゴミ処理袋が臭いが漏れなくてオススメです。
カニはゴミの日の前日に食べるべし!』に書いているようなゴミ袋です。
普通のポリ袋を使用する場合は最低でも2重にはしておいてください。

カニを食べた後のゴミ

↑カニの殻を新聞紙でくるんだ後、
ペット用のゴミ処理袋に入れて上をきつく結んでおきます

それから、ゴミ袋ごとゴミを出す日まで冷凍庫に入れておくと臭いを防げるみたいなので、
試してみてもいいかもしれません。

管理人は試したことはないのですが、その場合、冷凍庫に空きが必要になってきます。
冷蔵庫、冷凍庫は食べる前から食べた後まで必要になることが多いことに気づかされます。

ページ先頭へ戻る